2010年01月25日

サイパン旅行記 2009/07/12

珍客到来。

ドアの外で「ミーミー」鳴き声がするもんだから開けると、

saipan-2.JPG

子猫が。

私の宿泊したホテルは、ビルのようなタワー型ではなくて、なんて言ったらいいのか、2階建てのアパートが連立しているようなところだったので、ドアの外はもう外なんです。

検索したらありました。
これが外観です。

油断したら、中に入ってきて、

saipan-3.jpg

くつろいでます(笑)


あまり引き止めては悪かろうと、(こっちも困るし(^^;))うまく外へ誘導。
すると去っていきました。ふぅ。

この話、そういえば前にも書きましたね。


サイパンでは、よく犬を見かけました。
家に飼われているんじゃなくて、フツーに道端や街を歩いてるんです。
野良犬なのか放し飼いなのか・・・

ネコとの遭遇は後にも先にもこれっきりでした。


さてさて、急に話題は変わって、「チップ」って面倒なシステムをやめてもらえないですかねぇ。

ホテルを出る時には、枕元に1ドル置いて出て行く習慣らしいのです。

1泊目の翌日、すっかりそのこと忘れて出て行きました。

戻ってきたら、露骨なことするんですね。
バスタオルが、ほつれたボロいやつになってました。

2泊目の翌日には1ドルを置いて出て行きましたよ。

すると、エアコンがつけてあったし前日とは対応が違いました。。

ちょっとしたことなんですけどね。
荷物に変なことされたらヤダなと思ったんで従ったまでです。

今日はこのへんで。
posted by Tom at 03:26| Comment(0) | サイパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

サイパン旅行記 2009/7/12

英語があまり聞き取れないし、話せないし、
習慣も違うので、毎日何らかの
恥をかいていました。

初日に行ったのはココ
ウェーブ・ジャングル

私が一番楽しかったのは、プールの
施設よりむしろ、すぐ前に広がる海です。

海は人があまりいなくて、ほぼ独占状態でした。

カヤックを借りて、海風にあたり
のんびりできました。

カヤックはゴムボートとは違う感覚です。
海でなくても川など、国内でもどこかで
また乗りたいです。


昼食付きのコースを選んだのですが、
昼食チケットにミシン目が入っていたので、
半券もぎって返してくれるものだと
思い込み、係の人と押し問答になりました。

つたない英語で、
「ここを出る時、この券は必要ないのか?」
と言ったところ、やっと私の言いたいことが
分かってもらえたらしく、
No ploblem.
と言っていました。

野球や映画、コンサート、日本の感覚だと、
チケットのミシン目の部分は切り取って、
紙面の大きい方は返してくれると思いますよね?
ややこしいチケットでした。
変なミシン目入れないでよ。


プールからいったん宿泊ホテルへ戻り、
夕食を取るため無料バスでガラパン地区へ。

ガイドブックに載っていたこの店へ行きました。
カントリー・ハウス・レストラン

食事自体は満足しましたよ。
おいしかったと思います。

事前に、このサイトからクーポンを
印刷して持っていきました。
ココ夏ッ通信

しかし、クーポンを渡せば食後のデザートに
アイスクリーム1皿サービスのはずが、
待っていても出てきません。

それを言ったら、
「ウェルカム・ドリンクかアイスクリームの
どちらか1つ。
あなたはウェルカム・ドリンク飲んだでしょ?」

確かに、アセロラドリンクみたいな、
あまりおいしくないジュースが
最初から机の上に置いてあったので、
飲みましたよ。

でも、クーポンを渡す前から置いてあった
ので、おそらくどの客もタダで飲んでるはず。

あんな店、二度と行くか!

カード決済したのですが、
チップの欄に、不覚にも相場どおりの金額を
書き入れてしまいました。。
無記入にすべきだった。
しまった。

あとは街をフラフラして、
たどたどしい日本語を操る中国系?韓国系?の
お姉さんを振り切り、無料バスでホテルへ戻りました。

オニイサン、オンナノコ、ドウデスカ?
No, thank you!
posted by Tom at 20:43| Comment(0) | サイパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

英語が話せないもどかしさ

サイパン旅行したのは、昨年の7月かぁ。

月日が経つのは早いもので。

サイパンは当然外国なわけで、米国領です。
(正確にはアメリカ自治領)

英語が〜、英語がもっと話せたら・・・

サイパン旅行何日目か忘れましたが、
とあるオプショナルツアーに参加することになっていて、
私の宿泊するホテルまで車で迎えが来ました。

そのホテルからの参加者は私だけ。
運転手の人と、車内で2人きり。

日本人同士でも、初対面の人って僕はニガテなので、
言葉が通じない人となると更にあせりまくりです。

向こうが気を使って、
「サイパンどう?」みたいなこと聞いてきまして、
(それくらいは、さすがに分かりました)
「ベリー・グー」みたいな返しで会話が止まっちゃう
のですね。英語が話せないから。

僕との会話をあきらめた運転手さんは、カーラジオの
音楽にノリノリでした。

よく聴くと、ブライアン・アダムスの曲でした。
昔は好きでよく聴いたのですが、新しい曲なのか
曲名までは分かりませんでした。

そこで、つたない英語で
「この曲、ブライアン・アダムス?」
って言ってみました。

そしたら、何か言ってるんですが聞き取れません。

おそらく、キミもブライアン・アダムス好きなの?
僕は彼のこの渋い歌声が好きなんだよ、みたいな
ことだったと思います。

話せないので、返しが「あはは」で終わり、
結局また会話が途切れてしまいました。

途中、別のホテルに寄って、ロシア人女性2人を
乗せました。

彼女ら2人はロシア語で話していて、
運転手さんも僕も分からないから、彼女らの会話で
なんとか車内の間が持った感じでした。

いやしかし、とあるレストランで会った日本人の
若いギャルたちは、英語を話す気全くなし。
日本語で押しまくっていました。
店員さんも結構日本語がうまかったなあ。

あれで良いのかも知れない。
気を使って気疲れしても旅は面白くないもん。
posted by Tom at 04:04| Comment(0) | サイパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。